【戸田真琴】純情そうなスレンダー童顔処女が貴重なデビュー作品で薄ピンク色のオマンコ広げながら恥じらいながらも感じまくる!

【戸田真琴】純情そうなスレンダー童顔処女が貴重なデビュー作品で薄ピンク色のオマンコ広げながら恥じらいながらも感じまくる!

  • 758 Views

【参考レビュー】

■ 処女喪失もののAVというものは、世の中に数多あるが、これほどまでに女優の恐怖心や緊張感、その後初めて知る快感への戸惑い、羞恥、そういったものを表現できた作品はかつて無かったのではなかろうか。何も知らない少女に、快感とセックスの作法を教えていく、そんな作品である。 特に吉村との絡みは、正に秀逸。執拗に秘部を舐められ、一度目のセックスでは味わえなかった快感に溺れていく。 吉村との騎乗位では、足を着き、男の膝に手をついて、少し仰け反りながら腰を振る。そう、最初の男優にそのような体位を取らされたから、騎乗位とはそういうものだと彼女は思ったのだ。一つ一つの動作が可愛さと純粋さに満ちていて、目が離せなくなる。 間違いなく、今年最高傑作。 彼女がいつまでAV女優を続けるかわからないが、続ける限り全部見たい。彼女の成長を、みとどけたい。

■ 優等生だった自分から、180度違う世界へ飛び込みたいと処女なのにこの世界に飛び込んだ戸田真琴。国立大学にいそうなタイプ。お顔立ちはちょっと前のグラビアアイドルの平田裕香みたいな感じ。写真より動いている方が可愛いです。超のつく美少女でも、パーフェクトボディでも、スーパーテクニシャンでもないですが、ほっとけない感じ。 普段ならみなさん飛ばすであろうインタビュー、この作品に関してはしっかりそこも見た方がいいです。そこあってこその絡みだから。 一生懸命言葉を選びながら話す様子に、根っこの真面目さ、誠実さが伺え、徐々にその真面目さが性に対する好奇心、探究心に昇華していく様子が丁寧に描かれています。 最初のガチガチ処女喪失からみ、吉村氏の口にドバドバ入ってくる精子にびびる2回目のからみ、確実に性への探究心にめざめた3回目のからみ。それぞれ違う魅力があります。合間合間に入るインタビューとあいまって、個人的にはここ5年くらいでも最高傑作といっても過言ではないかも。 ただ、問題はこれから。人気は出ると思いますし、3回目の絡みなんかをみるとこれからの成長がとても期待できるのですが、AV慣れしてしまうと魅力は半減してしまう子なんじゃないのかなあと。

管理人オススメ度→★★★★☆

「私、Hがしてみたいんです」 戸田真琴 19歳 処女 SOD専属AVデビュー 「私、Hがしてみたいんです」 戸田真琴 19歳 処女 SOD専属AVデビュー
Actress: 戸田真琴
元生徒会副会長で現役女子大生の19歳「戸田真琴」が青春時代からAVデビュー。男性経験0人で、キスさえもした事が無い真面目な美少女がカメラの前で初めて裸になります。初体験では痛みを感じながらも、徐々に気持ちよくなってしまうほどのエロさ。清純な笑顔からは想像できないスケベな彼女の初めてをお見逃し無く!

関連記事関連記事

?